糖尿病の症状を自覚したら|いち早く病院で検査しよう

生活習慣病

聴診器を持った看護師

生活習慣病の一つである糖尿病は、その予備軍も含めてとても身近な病気であると言えます。生活習慣の悪化から発症するケースが非常に多いので常日頃からバランスの良い食事を摂ったり適度な運動を心掛けたりする事が求められ、症状を早期に発見するためにも病院への定期的な検診を心掛ける事が重要です。

Read More...

糖の代謝異常で起こる病気

医者

高血糖が招く異変

糖尿病は日本人に多い病気で、さまざまな合併症を起こしてしまうこともあります。高血糖の状態となっているため、代謝機能が上手く行われず症状が出てくるようになります。この糖尿病の代表的な症状には、異常に喉が渇いてしまう、排尿の異常や食欲旺盛に体重減少などです。高血糖な状態が水を欲しがるようになり、これで大量に飲まれた水で血液を薄めようとします。そして、水を大量に飲むので排尿も多くなり、泡立つ尿は分解しきれなかったたんぱく質が含まれていることを意味します。また、代謝異常でエネルギー不足からたくさん食べるようになり、消費がどんどん行われるので痩せていき疲労も伴います。このようなことから症状が出てくるようになり、あらかじめ糖尿病のサインであることに気付かなければいけません。糖尿病になったとしても、治療を受ければ症状を抑えながら生活を送ることができます。疑いのある症状があれば、病院で診てもらうことが一番です。

足や目に出る異常

糖尿病は放っておいたら、症状がどんどん悪化してしまい、悪い事態になってしまいます。代表的な例に、足に出る症状が感覚を鈍くさせていき、足が正常に働かなくなってしまうこともあります。足の冷えや痛み、ひどい乾燥や感覚を伴わないようなことは可能性も大きいです。これに対しては糖尿病の初期症状ではなく、進行していることの証拠です。そのため、すぐに治療を行っていく必要があります。そして、視力が低下してくるようになることも糖尿病で起こることです。これは合併症の1つで、急に症状があらわれるわけではないので気づきにくいかもしれません。飛蚊症のような見え方も起きてしまうので、早いうちに対処していかなければいけません。糖尿病の治療は、自分で生活習慣を見直していかなければいけないことも多いので、簡単なことではありません。しかし、症状を悪化させないためにも、前向きに治療に励んでいくことが大切です。

高血糖の何が恐ろしいのか

中年女性

糖尿病は、インスリンの働きが悪くなることで高血糖になることです。この病気の怖さは、さまざまな合併症を引きおこすことです。糖尿病の初期は、ほとんど自覚症状がなく、症状があらわれた時は、かなり病気が進行している時です。健康診断で糖尿病の疑いありと診断されたなら、速やかに病院を受診してください。

Read More...

うまく付き合うために

看護師と医師

糖尿病は、進行すると内臓の機能の低下や失明などの可能性が生じてきます。しかし早期に生活習慣を改めれば、進行を防ぐことができます。尿や体臭が甘い香りになったり、倦怠感や喉の渇きが多く生じるようになることが、糖尿病の発症のサインです。したがってこういった症状が出てきたら、生活習慣を見直すことが大事です。

Read More...